歯科医療情報推進機構は、歯科医院審査・認証する、初の第三者評価機関です。

届出済(外来環)歯科医院とは?

か強診

 私たちは、国内あるいは世界中で様々な細菌やウイルスに感染する危険にさらされています。そして、それらの感染は、唾液や血液を介して広がることが多いのはご存知のとおりです。 歯科の診察、治療には観血的処置(出血をともなう外科的処置)がつきものです。
 そのため、確実に洗浄、滅菌された器具を患者さん毎に交換して使用するなど、感染症対策について特別な配慮が求められます。
 また、治療中に体調が悪くなるなど、万一の緊急事態に対応するため、AEDなどの医療機器を備えたり、医科医療機関との円滑な連携体制を整えていなくてはなりません。

 歯科外来診療環境体制加算とは、患者さんが安心して、安全な治療を受けられるように国が定めた基準を満たしていることを、厚生労働省地方厚生(支)局に届出ている歯科医院が初診、再診料に加算する点数です。

届出医院は次の基準を満たしています。歯科外来診療環境体制加算の施設基準

偶発症に対する緊急時の対応、医療事故、感染症対策等の医療安全に係る
研修を修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。

常勤の歯科医師が、歯科医師会やNPO法人歯科医療情報推進機構(IDI)などが実施する研修会を修了していることが必要です

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の施設基準01

歯科衛生士が1名以上配置されていること。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の施設基準02

患者にとって安心で安全な歯科医療環境の提供を行うにつき次の十分な装置・器具等を有していること。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の施設基準03

診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、
別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の施設基準04

口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、
専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等
十分な感染症対策を講じていること。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の施設基準05

感染症患者に対する歯科診療について、
ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の施設基準06

歯科用吸引装置等により、歯科ユニット毎に歯牙の切削や義歯の調整、
歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できる環境を確保していること。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の施設基準07

当該保険医療機関の見やすい場所に、緊急時における連携保険医療機関との
連携方法やその対応及び当該医療機関で取り組んでいる院内感染防止対策等、
歯科診療に係る医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示を行っていること。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の施設基準08